トップ > 県政情報 > 統計 > 産業統計 > 宮崎県景気動向指数

掲載開始日:2022年2月10日更新日:2024年6月14日

ここから本文です。

宮崎県景気動向指数

  1. 令和6年3月分の概要
  2. 宮崎県景気動向指数の推移
  3. 景気基準日付(注意:別ページに移動します)
  4. 利用の手引き(注意:別ページに移動します)
  5. 統計表

1.令和6年3月分の概要

景気動向指数

(1)景気動向指数(DI)の動き

令和6年3月の本県のDIは、

  • 先行指数は20.0%となり、2か月連続で50.0%を下回りました。
  • 一致指数は42.9%となり、6か月連続で50.0%を下回りました。
  • 遅行指数は60.0%となり、2か月連続で50.0%を上回りました。

(2)個別系列の動き

  1. 先行指数
    • (+の指標)
      ホテル・旅館宿泊客数
    •  
    • (ーの指標)
      新規求人数(パート含む)、新車登録台数(乗用車)、鉱工業在庫率指数(逆)、新設住宅着工戸数
    •  
  2. 一致指数
    • (+の指標)
      県内企業業況判断DI、百貨店・スーパー販売額(実質)、輸入通関実績(実質)
    •  
    • (ーの指標)
      有効求人倍率、鉱工業生産指数、鉱工業出荷指数、所定外労働時間数(製造業30人以上)
    •  
  3. 遅行指数
    • (+の指標)
      鉱工業在庫指数、家計消費支出(勤労者世帯)、消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)
    •  
    • (ーの指標)
      資本財出荷指数、貸出約定平均金利

(3)変化方向表

(注意)令和6年4月分の公表は令和6年7月12日(金曜日)の予定です。

(4)(参考)景気動向指数(CI)の動き

和6年3月の本県のCI(平成27(2015)年=100)は、

  • 先行指数は79.9となり、2か月連続で下降となりました。
  • 一致指数は74.3となり、2か月連続で下降となりました。
  • 遅行指数は97.7となり、2か月ぶりに下降となりました。
  • 令和6年3月分(PDF:244KB)

公表済のデータ】

(令和2年)
(令和3年)
(令和4年)
(令和5年)
(令和6年)

 

 2.宮崎県景気動向指数(DI)の推移

(1)先行指数

先行指数

(注意)シャドー部分は景気後退期を示す。以下同じ。

(2)一致指数

一致指数

(3)遅行指数

遅行指数

(4)累積景気動向指数(累積DI)

累積DI

  1. 今月の累積DI=前月の累積DI+(今月のDIー50)
  2. 見やすくするため、累積DIの先行指数には600、一致指数には1500、遅行指数には700を加算しています。
  3. 景気後退期(内閣府が設定する全国の景気基準日付による)は、
    平成3年3月~平成5年10月
    平成9年6月~平成11年1月
    平成12年12月~平成14年1月
    平成20年3月~平成21年3月
    平成24年4月~平成24年11月
    平成30年11月~令和2年5月
    となっています。(グラフのシャドー部分)

3.景気基準日付

4.景気動向指数の利用手引

5.統計表 

DIは昭和40年4月、CIは平成21年1月から掲載しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部統計調査課企画分析担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp