トップ > くらし・健康・福祉 > 社会基盤 > 河川・砂防・港湾 > 河川・海岸 > 宮崎県内における流域治水の取組

掲載開始日:2022年3月31日更新日:2022年6月10日

ここから本文です。

宮崎県内における流域治水の取組

気候変動により激甚化・頻発化する水災害に備えるため、宮崎県内の水系において流域治水の取組を進めているところです。

宮崎県では、一級水系5ブロック、二級水系5ブロックで流域治水協議会を設置し、各流域の関係者が実施するハード対策やソフト対策を盛り込んだ「流域治水プロジェクトを策定しています。

流域治水協議会では、流域治水を計画的に推進するため、対策内容等の協議・情報共有を行い、対策内容の充実やフォローアップを実施していきます。

また、流域治水では、自然環境が有する多様な機能を活用する「グリーンインフラ」を取り入れた取組を推進します。

宮崎県内における流域治水の枠組

R4.6流域治水の枠組

流域治水とは

河川・下水道等の管理者が主体となって行う従来の治水対策に加え、集水域(雨水が河川に流入する地域)から氾濫域(河川等の氾濫により浸水が想定される地域)までを一つの流域として捉え、流域に関わるあらゆる関係者(国、県、市町村、企業、住民)が協働し、流域全体で水害を軽減させる治水対策のこと。


流域治水とは

出典:国土交通省ホームページ

流域治水プロジェクト

流域治水プロジェクトは次のとおり策定しています。

なお、流域治水プロジェクトは、「流域治水協議会」と「大規模氾濫減災協議会(水防災意識社会再構築協議会)」の2つの協議会で取組を進めていきます。

流域治水協議会と減災協議会

グリーンインフラとは

社会資本整備や土地利用等のハード・ソフト両面において、自然環境が有する多様な機能(生物の生息の場の提供、良好な景観形成、気温上昇の抑制等)を活用し、持続可能で魅力ある国土・都市・地域づくりを進める取り組みのこと。

グリーンインフラとは

出典:国土交通省ホームページ

お問い合わせ

県土整備部河川課計画調査担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7317

メールアドレス:kasen@pref.miyazaki.lg.jp